忘憂之物

酒クズJDから見た世界

Splatoon2をランク15までプレイした雑感まとめ

 

 __買ってやったよ、あいつを 

スプラトゥーン2

       購

       入 

  

買いました、スプラトゥーン2。本当に死ぬほど大変でした。なんだこの争奪戦は。毎日転売厨のクレジットカードが爆発する夢を見ました。

アマゾンでも転売が値崩れしてきたので、そろそろ転売ヤー需要もなくなると思います。もうそろそろ市場に出回るはず。まだの方、諦めずに頑張ってくださいね……!

 

 

 新生スプラトゥーン、その第一印象は

 テンタクルズ!!可愛い♡♡

さあ、始まりましたスプラトゥーン2、やっていきましょう。

導入は1と同じですね。わかばシューターが手に馴染みます。

さて、早速ナワバリをやってみましょう。

 

 マップが、異様に、広い気がする

なんだろう、マップが広い気がします。ブキの塗り性能が前作に比べて低いわけではなさそうなので、本当に広いんでしょうか。

おそらく、マップも多少広くなったのもある気がしますが、高低差、アップダウンがすごい。この高低差が手数を増やし、その感覚をマップの広さだと認識しているのかもしれません。

主戦場は変わらず存在するのですが、そこへのアプローチ方法が増えた感じです。

 

 スペシャルが、二癖増した

1のスペシャルって、簡単だったんだなって思いました。バリアは一瞬でバリア、スーパーショットはでかいバズーカ。下手なバズーカ数撃ちや当たる。2はそうはいきません。

バリアっぽいやつ、インクアーマーは発動までに時間がかかる。1のように脊髄反射で対応ができなくなりました。

スーパーショットっぽいやつ、ジェットパックは、ピンポイントで的に当てなくてはならないので、難易度が格段に上がりました。

などなど。一発発動!!イカ絶対殺すマン!!!!みたいなスペシャルではなくなりました。そういう意味では、スペシャルの爽快感がなくなったと言えるかもしれません。

言い換えれば、その分戦略立てての行動が必要になったと言えるでしょう。仲間の動向を確認しながらのプレイングがさらに重要度を増したということです。

 

 し、死にやすくない!?

死にやすい。これは私が下手なせいではない。と思いたい。足元からくるダメージが、格段に増している上に落ちにくい。一発食らってあっぶねえ!と思い、緊急退避をして逃げた先で、もう一発食らうと死にます。「エッッ!?今!?」という感じになります。これはちょっと、ストレスですね。安全靴を頭にも履いてます。ギアの縛りがしんどいです……。

 

 まとめ 今後のアップデートに期待大

8月12日、傘がアップデートしましたね。周りは傘ばっかりで大雨続き、、、でも確かに使えれば強いですね。バーリア!ってできるの、最強じゃないですか?ルールクリエイトする小学生みたいな

あとは、アメフラシの強化とかでしょうか。ちょっと小雨すぎませんか?日本人でも傘をささないレベル。

スプラトゥーンの運営は、ユーザーの声がきちんと届いているなという感触を前作で受けました。今回もやってくれるでしょう。よろしくお願いします。

 

以上です。一緒に頑張っていきましょう。しかしc帯強すぎへん……?

ブログ開設起起承転転

 

友が言った、「ブログやれ」 そしてブログができた。

ごく普通の会話だった。当たり障りのないやつだ。わたしは敬愛する友人と、穏やかな午後の日差しの中で、ぽつぽつとした会話を楽しんでいた。とりとめのない会話は、流れ流れて、最近プライベートで何をしているか?という内容に至った。

 鷹「あぁーマジで最近はな、スプラトゥーンして寝て起きてスプラトゥーンしてご飯食べてスプラトゥーンしてる。寝ようとして目を閉じると、瞼にさっきのプレイングが映るんだよ。やめらんないんだよな」

友「……。それもそれで忙しいし楽しいけどさ、もっとさ、世界に自分のことを発信していこうよ。何を考えて、どう生きていくとかさ。俺は知りたいけどな。」

 鷹「うーん、発信か......そういう生産性のある人間になりたいっていっつも言ってるけど、何すりゃいいかてんでさっぱりなんだよな」

友「やっぱり文章が一番じゃない?

ブログとか、始めてみれば?

こんな感じの漫画が昔、家に届いていた気がする。ベから始まってセで終わる、進研な通信講座である。

ブログ!その発想はなかった。「生産」というと、絵とか音楽とか、そういうアートっぽいものを作り上げるというイメージだったのだ。なるほど、文章書くのも生産だ。こりゃいいこと聞いたな。夢にまで見た「生産性のあるオタク」に、なれるんちゃう!?と、軽率な私は思った。

 

 ブログ、精神にいいのでは?説

そんな気付きを得、ちょっと考えてみた。うーん。

「ふむ」

ブログ、めちゃくちゃ精神によくね?

どこが具体的に精神に良いかというと、まず、最近の日本、特にネット社会でタブーとされつつある「自分語り」がし放題なのだ。自分語りは、ちょっと異常なほど気持ちいい。危険である。秩序がなければ、気持ちよさを求めた人々が好き勝手に自分語りで殴り合って、正常なコミュニケーションができなくなってしまう。それ故に人間たちは、お互いを常にけん制し合い、自分語りを未然に防ぐことによって、なんとか平和を保っているのではないかと思うのだが。ブログなら、自分が物事に対してどう思っていて、何をしたいのかを思う存分、世間にむかって剥き出しにできるのだ。恐るべしである。法の抜け道である。

また、ブログだと、何文字書いても人権を失うことがない。これも大きい。私は普段ツイッターを好んで使うのだが、あれは短いメッセージをテンポよく投下していくものである(と思っている)。時々、常に140字ぎりぎりのツイートを投下されるぎっちぎちツイッタラーさんがおられる。あれはあれでよいものであるが、JD(笑)となると話は別なのである。いくら私が酒クズの童貞メンタルだからといって、社会的立場が変わるわけではない。クラスやサークルの友達がたくさん相互FFにいる中で、140字ぎりぎりの自分語りツイートを10個並べたりしたら、、、あとはお察しなのである。

 

ブログは精神のサプリメントであり、我が内面を映す鏡

というわけで、このブログ開設に至った。 今後の記事内容としては、

・精神サプリメント的自分語り

・自分と向き合うための思考整理

・趣味の記録

・友達には言えないあんなことやこんなこと

などなど、私の内面のすべてをここに集約していこうと思っている。

これはもう、精神的全裸である。JDの精神的全裸をやっていく。そういうブログになりそうです。どうかよろしくお願いします。どうかどうか優しくしてください。

 

以上.